CHECK

外壁リフォームを検討している人必見!知っておきたいお役立ち情報を詳しく紹介!

当サイトでは、外壁リフォームを検討している人必見の知っておきたいお役立ち情報を詳しく紹介しています。
古くなった建物の壁は定期的に手入れをするのがおすすめです。
外壁のリフォームは塗装以外にも方法があるのかという疑問に答えている他、外壁のリフォームでよくあるトラブルも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

外壁リフォームを検討している人必見!知っておきたいお役立ち情報を詳しく紹介!

外壁リフォームに関心があるけれど、初めてなので様々な情報を集めておきたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
外壁は年月が経過すると劣化し、放置すると建物を傷めることになりかねません。
そのため外壁リフォームを定期的に行うのがおすすめです。
もし目地が割れていたりひび割れ外壁の剥がれがある場合には速やかに直すと良いでしょう。
それ以外でもチョーキングが起こっていたり、カビやコケの発生などが目に付く場合にも早めに直すべきです。

外壁リフォームと外壁塗装の違いとは?

外壁リフォームと外壁塗装は同じイメージがあります。
リフォーム会社など専門業者も同じ意味で使っていることがありますが、本来はそれぞれ意味が異なるので注意しなければいけません。
外壁塗装は文字通り、建物の壁を塗装する作業です。
外壁の他に屋根やガレージへの塗装も外壁塗装に含む場合があります。
外壁リフォームは外壁に生じた傷みを直す作業であり、外壁塗装も塗料の皮膜でひび割れなどを塞ぐことから広い意味でリフォーム作業の一種と見なされます。
外壁リフォームはひび割れの部分を塗装やコーキング剤の注入などで塞ぐ軽微なものから、建物全体をパネルで覆って見栄えを良くする大掛かりなものまで様々です。
作業の規模が大きくなるほど費用は嵩みますが、傷みを直して新築同様の綺麗な仕上がりにすることができます。
外壁塗装は壁の塗り直し、外壁リフォームは塗り直しも含んだ修繕作業と言えるでしょう。
それぞれの違いは明白であり、業者によって得手不得手があるのも事実です。
そのため、外壁の傷みを直したい場合はどのような作業が最適なのかを十分に吟味したうえで判断する必要があります。

外壁リフォームを検討すべきタイミング

外壁リフォームを検討するのは、誰かに指摘されてからではなく、日頃から観察して変化を感じた場合にそれを切っ掛けにするべきではないでしょうか。
例えば最近壁の色が白っぽく、薄くなったように感じたり、手で触ると粉がつくといった変化が、外壁リフォームの切っ掛けに挙げられます。
また雨が降ると以前よりも室内の湿度が上がるようになった、壁のヒビ割れが気になり始めたなども切っ掛けになります。
いずれにしても、自分の感覚を信用することは大切ですし、何らかの違和感を覚えたらその理由を探したり、明らかにすることをおすすめします。
違和感は変化に気がつくサインですし、高確率で外壁リフォームの必要性が高まっている可能性があります。
外壁リフォームは一般的に10年に一度といわれていますが、これはあくまでも一般論に過ぎませんし、建物によってかなりの開きがあります。
日照時間や方角、台風などの自然災害の頻度など、建物に影響する要素はいくつもありますから、実際に見て状態から検討するか判断するのが正解ではないでしょうか。

外壁リフォームにはいくつかの種類がある

住宅のメンテナンスのひとつである外壁リフォームには、いくつかの種類があります。
代表的な外壁リフォームは塗り替えと張り替え、重ね塗りの3つです。
塗り替えは、今ある外壁材の上から塗料を塗ることで、外壁塗装ともいわれています。
施工費用な安く済み、使用する塗料によっては長持ちするメリットがあります。
建物の外壁が健全で補修可能な場合におこなうメンテナンスです。
張り替えとは、今ある外壁材を取り除いて新しい外壁材を交換することです。
主に、補修が不可能な不具合が発生した場合におこなう外壁リフォームになります。
外壁を丸ごと交換するので、内部の防水シートなどもメンテナンスできるメリットがあります。
重ね塗りは別名カバー工法とも呼ばれ、今ある外壁材を取り除かずに新しい外壁材を重ねる手法です。
張替えと同じく補修が不可能な不具合が発生したときにおこないますが、古い外壁材を撤去したり処分したりする必要がなく費用が安く工期も短く済みます。

外壁リフォームで使用される高性能な塗料

外壁リフォームの方法にも様々な種類がありますが、特によく選ばれているのは外壁塗装です。
外壁リフォームで使われる塗料にも色々な種類がありますので、どれにするのかも考えておきたいところです。
安く抑えるなら、安い塗料を選ぶという方法もあります。
安い塗料は仕上がりで満足できない可能性もありますし、あまり長持ちしないという欠点もあります。
塗料にはより、高性能なものもありますのでどのような特徴があるのかも知っておきましょう。
ラジカル塗料はラジカルと呼ばれる劣化因子を抑制するタイプで、高性能で耐久性にも優れています。
フッ素塗料は高額になりますが、耐久性が非常に高いのが特徴的で、紫外線にもとても強い塗料です。
施工時はやや高額になりますが、長い目でみるとコストパフォーマンスは決して悪くありません。
光触媒塗料は、紫外線に反応して汚れを分解して雨で落とすのが特徴的です。
家の状態や外壁の状況によっても、選ぶ塗料は変わってきますので、業者と相談しながら最適なものを選んでいきましょう。

住まいの傷み具合に合わせた外壁リフォーム

完成した当時は高い品質だった住宅も、時間の経過とともに傷みが発生します。
外壁の場合は雨や強い日差しなどが原因で、劣化を避けるのは事実上困難です。
劣化を遅らせるために建築資材の表面を塗装する工夫がありますが、それでも一定の時間が経過すると外壁リフォームが欠かせません。
この外壁リフォームの内容はいろいろ考えられ、傷みの具合によって変化します。
最も基本的な手法は、外壁塗装のやり直しです。
塗装をやり直すことで壁の表面が保護され、一定の期間は品質が維持されます。
塗料にもいろいろ種類があるので、予算があれば耐候性が高いものを選択すると安心です。
外壁の資材に大きな劣化が見られるときは、部分的または広範囲の補修を行います。
予算が高くなる傾向にありますが、補修せずに放置すると被害が大きくなるので早めの処置が大切です。
どのような外壁リフォームが必要なのかわからないときは、住宅メーカーなどに相談すれば現状を確認して最適なプランを提案してくれます。

外壁リフォームの工事にかかる期間

住宅の外壁リフォームを希望されている方の多くは、工事期間(工期)の長さがどの程度になるか知りたいのではないでしょうか。
長期間にわたって外壁の工事が継続していると、生活に与える影響も少なからずありますので、できるだけスピーディに済ませることができないかといった希望をお持ちの方も多いものです。
まずは外壁リフォームに必要な作業をピックアップしていくことで確認していきましょう。
工事開始となり、最初は足場づくりから行われることが一般的です。
足場の設置そのものは1日から2日程度となりますが、その後は外壁をクリーニングしたり下地塗りを行ったりする作業、張替えの場合には撤去作業などが行われ、それからサイディング貼りや塗装が行われていくこととなります。
全体的な工事の進捗状況は天候にもよりますがおおむね10日から2週間前後を見込んでおくと良いでしょう。
その後足場を撤去して外壁リフォームが完了となりますので、順調に作業が進んで行けば2週間前後、天候による工事の遅れや作業内容などによっては1ヶ月程度が一般的といえます。

外壁リフォームの価格は工法や塗料などによって異なる

外壁リフォームを施す際には塗料に拘ることも欠かせません。
新築で建てた住宅であっても、歳月が経過するに従って節々に劣化が生じるものです。
外壁リフォームを施すことで、老朽化した家屋であっても、新築のような居住性をもたらせることは可能になります。
外壁リフォームを施す事業者では、事前に受けられる無料カウンセリングを実施中です。
どのような施工法が存在するかや、塗装に用いる具材についてを、前もって相談することが出来るのです。
塗料には、耐用年数に応じた様々なものが存在しています。
少ない予算で塗装を考えるのであれば、アクリル系が良いでしょう。
耐用年数の高さを求めるのであれば、フッ素系が適しています。
外壁リフォームを施す会社には、塗装に用いる具材のサンプルを設置しているところも少なくありません。
長きに亘って暮らす家屋である以上、拘ったリフォームを施していきたいのが普通でしょう。
事前カウンセリングに伺い、事例を眺めていくことが大切です。

住宅への負荷を軽減できる外壁リフォームの張り替え

外壁リフォームにもいくつかの種類がありますが、部分的な補修などではなく、現在の外壁すべてをはがした上で、新しい外壁材に張り直す作業を行うのが張り替えにあたります。
これは外壁リフォームのなかでもかなり大掛かりなもので、すでに築年数が相当経過しており、既存の外壁へのダメージが申告なため、単なるひび割れの補修や外壁の塗装などでは容易にそのダメージを回復できない場合に用います。
張り替えの場合にはまず既存の外壁をはがす必要があるため、足場を組んだり廃材を処理したりする費用が余計にかかります。
そのため費用は他の種類の外壁リフォームよりも高額になりやすく、工期も作業が多い分だけ長期化する傾向があります。
しかし根本的なリフォーム方法ですので、これまで外壁に隠れていた下地部分の補修をこの機会にしっかりと行うことができ、雨漏りなどによる劣化・腐食を食い止めることができるほか、最新の外壁材を導入することで耐震性の向上なども見込めます。
こうしたことから風雨や紫外線、その他既存の外壁の重量などに起因する住宅への負荷をもっとも軽減でき、住宅の寿命をアップさせるための切り札といえるでしょう。

外壁リフォームでは追加料金が発生する?

外壁は家を守る大事な部分です。
劣化が進むと家全体の耐久性に影響が出ることもありますので、劣化が進んできたと感じたら早めに外壁リフォームを行いましょう。
外壁リフォームは、外壁塗装という形で行われることが多くなっていますが、劣化の進み具合によっても選ぶ工事は変わってきます。
まずは、現地調査を行いどのようなリフォームが向いているのか、業者と相談しながら選んでいきましょう。
外壁リフォームをする前には、見積もりをすることが一般的です。
工事内容や費用もわかるので、安心して依頼できるようになります。
見積もりの金額以外に追加費用が発生しないかと気になっている人もいるかもしれません。
まず、基本的には見積もりの金額と工事内容で進められていきます。
追加費用が発生するケースで考えられる例では、足場を設置しないとわからない部分に不具合が発生していることや、外壁の雨漏りなどが見つかった場合は別料金が発生する可能性があります。
さらに、色の変更などでも料金が変わることもありますので、打ち合わせはしっかりとしておきたいものです。

外壁リフォームに関する情報サイト
外壁リフォームのお役立ち情報

当サイトでは、外壁リフォームを検討している人必見の知っておきたいお役立ち情報を詳しく紹介しています。古くなった建物の壁は定期的に手入れをするのがおすすめです。外壁のリフォームは塗装以外にも方法があるのかという疑問に答えている他、外壁のリフォームでよくあるトラブルも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Search